新メインビジュアル_羽毛布団リフォーム
2種類の羽毛布団リフォームが始まったH1のトップ画像

選べる羽毛布団リフォームをお手頃料金で全国へ


まずは分割リフォームのご紹介

分割羽毛布団リフォームの説明イラスト
羽毛布団を分割するメリット3つ。収納期間減、布団を選べる、保温性能アップ
羽毛布団を分割すメリット1説明画像。本掛け、合掛け、肌掛けの違い。
※上記の羽毛量は新品の場合です。傷んだ羽毛ではもっと多くの量が必要になります。

 

『本掛け』は冬だけ使います

  

『肌掛け』と『合掛け』2枚あれば

春・夏・秋はそれぞれ使って

冬は2枚重ねで『本掛け』と

同等の保温力になります

 

冬しか使えなかった羽毛布団が

1年中使えるようになるので

収納量も減らすことができます。

 

ちなみに、弊社での検証結果では

『合掛け』は新品の羽毛で800g以上

あれば、冬用の組み合わせ

保温力の問題はありませんでした。

(800g以下では冬に寒いかもしれません)

※羽毛はダック85%で検証しています

 

 

羽毛布団分割メリット2。羽毛が暑すぎるから合掛けで十分イラストと、寒いなら合掛けと肌掛けを重ねればいいよイラスト。

 

『肌掛け』と『合掛け』の2枚あれば

”室温の高低”対応できます

 

冬、

室温が高い場合は『合掛け』

室温が低ければ2枚重ねて

室温に合わせて布団を選べます。

 

 

メリット3。保温性能アップと肌掛けの性能の紹介イメージ画像。

 

羽毛布団は厚さによって

 

「保温力」「フィット性」

どちらか一つの性能が良くなります。

羽毛布団が厚い場合と薄い場合の性能の違い


得意分野の異なる2枚を併用すれば

2つのアプローチで

保温性能を高くできるんです

 

1枚だけ厚くするよりも、です。

 

 

 

ここで、ちょっとブレイク

コラム。なぜ羽毛寝袋は羽毛布団より少ない羽毛量で温かいのか?

通常リフォームのご紹介

 

こちらは今まで通りの

1枚から1枚に作り直すサービスです。

 

今より厚くしたい、薄くしたい、など

 

ご要望に合わせたリフォームができます。

 

通常の羽毛布団リフォームにおすすめの方はこちらイメージ画像
複数枚から1枚作ることもできますが、別途『解体再生手数料』がかかります。

羽毛について

再生羽毛のイメージ画像

 

羽毛の寿命は50年以上

側生地の寿命は10年程度

と言われています。

 

側生地は羽毛より早く消耗するので、

交換が必要になってきます。

 

特に皮脂汚れを放置すると

 

中の羽毛も劣化します。

 

羽毛が再生できないほど悪くなる前に

 

リフォームでメンテしましょう。

マルキュー寝具羽毛リフォーム工場外観
本州最北端、厳寒の青森県から日本全国へお届けします

 

※  ※  ※

保温性等に関するデータ詳細は

別ページの『羽毛実験室』で公開しています。

 


リフォームできない羽毛布団もあります

 

劣化が進み過ぎた羽毛

再生処理を施しても良くなりません

 

羽毛の状態を把握する、大まかな方法に

 

布団を4つ折りにして

高さを測る方法があります。

 

布団を4つ折りにして高さを測ることで、羽毛布団がリフォームできるのかどうかをチェックする比較画像。

 

詳しい4つ折り測定方法は

 

下のリンクボタンからご確認ください。

 

リフォームセルフチェックへのリンク画像



”羽毛再生”工程の解説

開袋作業風景写真

【1】解体

羽毛布団の生地を裂いて、中から羽毛を取り出します

 

羽毛洗浄画像

【2】羽毛洗浄

取り出した羽毛を専用ネットに入れて、洗濯機で洗います。

 

蒸しあげ〜乾燥

【3】再生(打ち直し)

洗浄した羽毛を120度のタンクに直接入れ、高温でかき回しながら乾燥再生します(打ち直しとも言われます)

 


冷却・除塵機の画像

【4】冷却・除塵

急速に冷やしながらちぎれた羽毛のチリや、砕けた骨のカスを取り除きます。ここまでの工程で1〜2割の羽毛が減ります

 

吹き込み風景画像

【5】吹き込み・縫製

再生処理された羽毛と、ご希望範囲内で必要な量の足し羽毛を新しい生地に吹き込みます

 



リフォームで使用する生地

 

シングル :150 × 210cm(4 × 5マス)

セミダブル:175 × 210cm(5 × 5マス)

ダブル  :190 × 210cm(5 × 5マス)

組成(各サイズ共通): ポリエステル85% 綿15%/平織り/立体キルト縫製・マチ幅4cm

※仕上がりサイズには若干の誤差が出ます(±5%程度)。

※本掛け、合掛け、肌掛け、全て同じ仕様の生地で仕立てます。

※薄めと厚めの布団を貼り合わせるボタン加工はできません。

 

シングルとダブルで使用する側生地
セミダブルで使用する側生地

 

側生地の詳細はこちらから


リフォーム完成後のイメージ



リフォーム料金は

 

 宅配便で全国対応の

『宅配リフォーム 』

 

持ち込み可能な方は、特別料金の

『持ち込みリフォーム』 

 

があります。

 

どちらか選んでクリックして下さい

宅配リフォームへのリンクボタン
持ち込みリフォームへのリンクボタン。六戸町、八戸市、十和田市、三沢市の方はこちらの持ち込みの方がお安くリフォームできます。

※青森県内(六戸町、八戸市、十和田市、三沢市等の近郊)の方は、持ち込み頂いた方がお安くリフォームできます。



リフォームに関する疑問のリンク集

よくある質問へのリンク画像
リフォームガイドへのリンクボタン画像
構造的に重くなる羽毛布団のリンク画像
足し羽毛の解説ページへ内部リンク
羽毛布団の種類へのリンク画像
羽根布団と羽毛布団の違いへのリンク画像


コラム

羽毛布団の寿命を縮めるNG行為はへのリンク画像
国産羽毛の悲しい歴史へのリンク画像
リフォームと打ち直しの違いへのリンク画像
リフォーム現場へのリンクボタン